オルガンの足元 その3

b0134849_171739.jpg

その3
こちらの楽器の場合はボタンの形状の物と、足鍵盤以外のペダルがついています。

まず、黒いボタンについて・・・。
こちらの楽器のボタンは電気信号を使って操作されます。

左側の奥にある黒いボタンは以前に載せているオルガンと同じ機能『カプラー(連結)』
一度押すとカプラーが入り、もう一度押すとカプラーが解除されます。

右側にある2つの黒いボタンは、音の組み合わせを一気に換える時に使います。
この楽器にはメモリーシステムがついており、前もって音の組み合わせをオルガンに
覚えこませておいて、ボタンを押すとその組み合わせの音色が呼び出せる仕組みになっています。

右と左のボタンを押し間違えてしまうと、思ってもいない音が鳴ってしまうので要注意です。
このメモリー機能は一人で演奏する際は非常に便利です。

もうひとつのペダルの機能については、この楽器では説明しにくいので、また次回に。
[PR]
by shanaky-org | 2009-03-02 00:19 | パイプオルガンあれこれ | Comments(0)

オルガン情報と気ままに撮った写真をUPしています


by shanaky-org
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31