作業終了!

先日に引き続き、オルガンの修理。
b0134849_23445261.jpg

交換する部分を解体して、交換中です。一つ一つ取り外して交換。
手術室のオペの助手の様に、
 「ペンチ。」
   「はい。」
 「あれ。」
   「はい。」
みたいな調子で、手が真っ黒になりながらお手伝いをし、終了です。

部品交換が終わってからは鍵盤の高さの調整など。
b0134849_23532041.jpg

普段、楽譜を置く譜面台の後ろはこんな状態になっています。
もう少しアップの画像・・・
b0134849_04266.jpg

手作業でひとつひとつ調整です。
[PR]
Commented by ケムリーダー at 2009-03-26 02:03 x
おるがん大工さん(?)、こんばんは!

すごい大変そうなお仕事ですが、なにか楽しそう。
若し頃に剣道をやっていたのですが、
「強くなりたければ、竹刀や防具を大事にしろ!」と
師匠にご指導頂いたことを思い出しました。
オルガンの世界にそのまま通ずるかどうかは
分かりませんが、道具の特性を知らなければ、
良い状態を自分で維持できるようにしなければ、
「心技体の合致した良い打突はできない!」
・・・って事だったのでしょうね~。

いつもきれいな写真をありがとうございます。

ケム

Commented by shanaky-org at 2009-03-29 21:57
>ケムリーダーさま

いつもありがとうございます。
剣道されていたのですね。道具を大事にするというのは
共通ですね。武道の世界、少し憧れます。

自分が使う楽器については、もっともっとよく知らなくては
いけないと思ってます。なかなか出来ていないのですが、
メンテナンスの時に、オルガン内部を見てオルガンビルダーさんに
直接お話を伺ったりして構造ついての知識を増やしたいなと
思っています。やはり、その事でオルガンに対する姿勢や
取り組みが変わってくるのではないかと考えています。

オルガンについての本も出ていますので、構造などに興味がある方は
そちらからオルガンに近づいてみても面白いかもしれません!
Commented by ケムリーダー at 2009-04-03 07:44 x
ご返信ありがとうございます。
オルガンと剣道では、道具の部品数がぜんぜん違いますので、
オルガンの世界は大変ですね。

知人が自分でもピアノを弾くこともあって、楽器の事に詳しいので
オルガンのことなども少しだけ教えてもらいましたが、奥が深そう
ですね~。

これからのますますのご活躍を期待しております♪

ケム
by shanaky-org | 2009-03-26 00:08 | パイプオルガンあれこれ | Comments(3)

オルガン情報と気ままに撮った写真をUPしています


by shanaky-org
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30